「老後の備えは300万の定期預金で十分」のウソ

【スポンサーリンク】
【スポンサードリンク】

PRESIDENTの『「老後の備えは300万の定期預金で十分」のワケ』から、2ページ目を引用。

働き続けることを前提にすれば、多額の老後資金は必要ありません。とりあえずは300万円程度で十分。もちろん貯金はあればあるほどいい。

しかしそれは「いざというときの備え」です。間違っても「お金に働いてもらう」といった考え方はやめましょう。

【スポンサードリンク】

「老後の備えは300万の定期預金で十分」の嘘

仕事なんて無い

「働き続けることを前提にすれば…」って、これは仕事があるという前提になっていて、しかもその仕事で生活できるという前提になっています。

その仕事、死ぬまでやるんですか? もし病気になったら? というか、そんな仕事あるんですか? 若い人でも安月給でヒーヒー言ってるのに…。

「とりあえず300万円程度の定期預金で十分」て、これは大企業の正社員か公務員の話で、一般Pの老後世代には生活費を稼げるような仕事なんてありません。

だから老後のお金が不安になるのです。

関連記事老後資金の貯蓄が無いと、年を取ってよぼよぼになっても仕事をしなければ生きていけない

1億円あっても老後が不安

何かの記事に書いてありました。不安な人は1億円あっても不安だと。

1億円あっても老後が不安な人と、本当にお金が無い一般Pの不安は全く別な話で心配性のお金持ちの不安と一緒にしたらダメでしょ。

最後に

我が家は僕も嫁も国民年金なので「老後の備えは300万の定期預金で十分」なワケがありません。

老後資金対策としては、投資信託とブログの広告収入で何んとかならないかと考えているわけですが、これも貯金と同じで短期間では結果が出ないので行動するなら早い方がいいかもしれません。

関連記事家の修繕リフォームより、老後資金計画を優先した理由

ブログランキングに参加中です。

ブログランキング・にほんブログ村へ
【スポンサーリンク】
【スポンサーリンク】