「家は借りるもので、買うものではないな」と思う今日この頃。どこか安全な地域に引越したい!

【スポンサーリンク】
【スポンサードリンク】

たまにしか更新されない、あるアフィリエイターさんの雑記ブログに、数か月前に有事が怖くて都会から田舎の賃貸に引越したと書いてありました。

引越しは賃貸か、持ち家でも住宅ローンが終わっていないと簡単には売却できないので、家なんて買うものではないなと、最近特にそう思うようになりました。

【スポンサードリンク】

家は借りるもので買うものではない

テレビを見ていると専門家の意見はバラバラで、不安を煽る専門家もいれば呑気なことを言っている専門家もいます。

僕は引越したアフィリエイターさんと同じで、正直、とても不安です。

心配しても仕方ないのですが、でも国同士のドンパチが始まったらどうするかぐらいは考えておかないと、あの国は読めない国なので。

もしそうなったら、つまり有事になったら住宅ローンの返済ってどうなるんでしょうね。うちは住宅ローンは完済したので関係ない話ですが。

というか、もしそうなったら住宅ローンどころの騒ぎではないですね。でも借金は借金ですのでやっぱり残債はそのまま残るとか…?

日本列島は何十年も前から、隣に迷惑な人が住んでいても簡単に引越しできない持ち家と同じ状態。どこか安全な地域に引越したいですね。

そんなこんなを考えると、家は借りるもので買うものではないなとつくづく思う今日この頃です。

ブログランキングに参加中です。

ブログランキング・にほんブログ村へ
【スポンサーリンク】
【スポンサーリンク】