マイホームを購入してから22年。住宅ローンは早めに完済した方がいいと思う理由。

【スポンサーリンク】

我が家のマイホーム購入は22年前の1997年で、平成元年築の中古一戸建住宅を30年の住宅ローンを組んで購入しました。

ですので建物の資産価値は既にゼロ円。価値があるのは土地だけです。

ちなみに、購入当時はうちの子供は2人ともまだ小学生だったのと、30年返済の住宅ローンは購入から10年後の2007年に繰上完済しました。

【スポンサードリンク】

早目の住宅ローン完済は大正解だった

マイホーム購入から22年

あれから22年。月日の経つのは早いもので、当時小学生だった娘は2年前に結婚し、息子も一人暮らししているので、現在我が家は嫁と2人暮らしです。

2階の子供が使っていた部屋は2部屋とも現在は空き部屋状態なので、正直、一戸建ての家がもったいない感じです。

嫁と2人暮らしだったら公営団地でも十分なような気がします。

まだ住宅ローンの返済が続いていたら

もし、住宅ローンを完済せずに毎月普通に返済していたら、購入から22年経った現在もまだ返済が続いていることになります。

・小学生だった子供はこの家にはもういない。

・建物の資産価値は既にゼロ円。

・近いうちに外壁と屋根と水回りの修繕。

こんなに状況が変わっても住宅ローンの返済はまだまだ続く…。と、考えるとぞっとしますよね。

性格にもよると思いますが、僕は住宅ローンに縛られた人生は嫌なので、多分、耐えられないと思います。

そういう意味では早目の住宅ローン完済は大正解でした。

ブログランキングに参加中です。

ブログランキング・にほんブログ村へ
【スポンサーリンク】
【スポンサーリンク】